そこはネコの通り道

2014年6月生まれの猫系男子を観察する日記

2015年08月

遊び方の提案

Blog_illust_20150829_1

何で空気清浄機とテレビ台の間とか、マットレスのスキマとか、そういう所におもちゃを落とすんですかね。しかも自分で取れなくなって泣いたり怒ったり。かといって拾ってあげてもまた落とすという・・・。




それはそれとして、こうしたら遊ぶかなーと考えて設置して、意図通りに喜んでくれると嬉しいですね!


この満たされる感じ、何か知ってるなーと考えていたんですけど、そういえば実家にいたころ、猫によく段ボールハウスやらおもちゃやら作ってあげてて、それを気に入って使ってくれたときの「よしキタァーーー!!」に似てます。

Blog_illust_20150829_2








セルフあわわ

Blog_illust_20150828
手をプルプルするんじゃなくて、手は固定で頭振るんですね・・・。


不可解な状況

何で子供って、ちょっと目を離したすきに






Blog_illust_20150827

こんなことになってるんですかね・・・?



元々ベビーパウダーは全然別の場所にしまってあったんですが・・・。しかも救出した後も、わざわざ拾ってきてまた同じ場所に置いてました。何がしたいんだユッキー。挟まりたいのか!



グラディエーター現る

Blog_illust_20150826
ふと見たら、リビングに超笑顔のグラディエーターがいました。

左手に装備しているラウンドシールドは、いつものこのブロックのバケツのフタです。 
右手に長物持ってれば完璧だったのにね?(何を求めているのか)


一緒に食事の難しさ

Blog_illust_20150825

一コマ目の文章は適当ですが、webなり本なりで結構言われてますよね。

うちは食卓がコタツテーブルなので、イスから脱走&食卓の周りをちょろちょろできてしまうんです。脱走しないまでも、手を伸ばして皿をひっくり返したり、まだ熱いごはんに手を突っ込んだり。とにかくかーちゃんが自分のご飯を食べている暇がありません。

これで一体どうしろというんだ・・・と思いながら三ヶ月程経ち現在。何とか続けております。スプーンやフォークはまだうまく使えないので、手づかみ系メニューをユッキーの目の前に並べて、こぼされたくないものはかーちゃんの手元へ。手づかみしているすきに自分のご飯をかっこみ、合間を見てこぼされたくないものを口に運んであげる。そしてこのやり方だと大抵先にユッキーが食べ終わるので、かーちゃんご飯の中からあげても問題ないものをちょこちょこ与えつつ、何とか自分も完食。てな具合です。とーちゃんがいる日は二人交互にあげられるので余裕をもって一緒に食べられるんですが、平日は仕方ないですねー。早く自分で食べられるようになってくれれば楽だなー。


家族紹介

ユッキー(2014年6月生)
もふもふしたものと食べることが大好き。



十味 はむ(ママ)
ぼーっとしている。ぬるぬると生きていたい。
★Twitter★



とのゐ(パパ)
ユッキーにめろめろ。ゲーム作るお仕事。縦にも横にもでかい。

LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ