ちょっと追記(9/2314:30)

完全に自分のミスとして認識していたので漫画の中でほぼ夫の行動を描いてないのですが、「旦那が悪いのでは!?」という反応をいただき、確かにこれでは無関心な人みたいに見えてしまうかも、と思ったので少し弁明します。

事態が起きた際、夫はバギーと荷物を持って、先に電車に乗り込んでいました。バギーは場所をとるので、早めに狛犬ポジを抑えたかったためです。そのため後ろで起きていることは気付いていませんでした。

漫画にある通り、直前に私がお茶を飲ませるなどしていたため、子供二人は当然私の監視下にあると安心していたはずです。ですので、私自身、今回のことは致命的なうっかりにより娘から目を離した私の責任と捉えています。夫はこの件で私を一言も責めてはいませんし、普段から子供たちをよく見て気を配ってくれる人です。なので、あの、呪わなくて大丈夫です!wそして、ご心配ありがとうございます!!

Blog_illust_20190918_1
Blog_illust_20190918_2
Blog_illust_20190918_3
Blog_illust_20190918_4

駅でぐずった娘にお茶を飲ませようとバギーから降ろして、片手に息子、もう片手にお茶を持っているうちにどうも降ろした事を忘れてしまったようなのです。人も多く危険に満ちた駅のホームで一歳児から目と手を放す時点であり得ないほどアウトだったんですが、さらに悪いことに電車に乗り込んだ時には「にょんはバギーの中」という思い込みが出来上がっていました。

ユッキーが「にょんちゃん!!」と何度も呼ぶのも最初「そこにいるのになー?」くらいの不思議な気持ちで聞いていました。ホームに佇むにょんを見た瞬間、バギーを降ろした事、手を離した事、今まさに電車で置き去りにしそうになっている事に気づいて真っ青になり、いや青くなってる場合じゃない、猛ダッシュで車内に回収しました。

その日からしばらくは何度もその光景がフラッシュバックし、娘を執拗に抱きしめるなどしていました。

無事で本当に良かったです。
息子のおかげです。

正直二人目ができるまで、子供を車内や店内に忘れるって、あり得るの??子供だよ???ぐらいに思ってました。そんな自分がやりました。衝撃です。他に気にしている事があると、意外にスポっと、かけがえのない子供であっても意識から抜け落ちます。

いや、それでも抜け落ちちゃダメなんです。
だって娘、まだ一歳。迷子は生命に関わります。

だからもう、忘れないように。
ここに記録しておきました。